レトロ感が魅力!白熱電球の照明

照明装置として長く利用されてきたのが、白熱電球です。不活性のガスが閉じ込められたガラスの中に、フィラメントが設けられています。通電することによりフィラメントが発光し、明かりを灯すことができます。消費電力が大きい事が難点ではあるものの、独特の暖かな光にファンも多いです。省エネの重要性が高まっているため、その生産量は少なくなっています。使い所を押えれば、まだ活用することができる場所は見つけることができます。

効率が良く種類も豊富!照明の定番の蛍光灯

蛍光灯は、多くの場所で使われている照明装置です。白熱電球よりも少ない電力で明かりを灯すことができ、現代社会における主要な照明装置としての役割を果たしてきました。形状も様々であり、リング状や球状、さらに直管型といったタイプの照明装置があります。これらは身の回りでも多く使われていて、照明のための機器としてはポピュラーな存在ですね。ただし、発光のために高圧電流を生み出す必要があり、専用の装置を必要とします。

新たな照明革命!シェアが高まっていくLED照明

新たな照明の主流として、そのシェアを拡大しつつあるのがLED照明です。半導体を用いた発光素子で、効率の良い発光ができるというのが利点です。なにより省電力で低発熱といった点が、大きなメリットです。環境保護が重要なテーマとなっている現代では、省エネの大きな効果があるものとして、積極的に転換が行われています。これからさらにLED照明の普及が強力に進むことから、まうます従来の照明装置に変わることが予想できます。

照明はLEDタイプの商品普及が進んでおり、白熱電球と比較すると80%以上の電気代をカットする事が出来ます。