一秒以内に判断できる内容は好印象を与える

ホームページのデザインは様々な内容がありますが、一瞬見て、何を伝えるホームページか分からない事がありますよね。料理をメインに扱っているコンテンツや、通販サイトなどは商品を大きく扱う事で判断する事が可能ですが、他のビジネスで利用されている内容の中には分かりづらい内容があります。例えば、ビジネス街の写真を大きく扱っているだけの内容や、ビジネスマンをただ掲載している内容の物は、本文を読まない限り判断できない内容も多くあります。これは、ユーザーにストレスを与える可能性が高くあり、一瞬見ただけで判断できる内容の方が好印象を与えると言えるでしょう。

3カラム2カラムにこだわらないデザイン

ホームページの多くのデザインは、3カラム、若しくは2カラムのデザインです。3カラムとは、メイン画像の下に三列を設ける内容であり、2カラムは二列に設ける内容ですよ。これは、一般的に見る人が見易く、扱いやすい内容とも言われ、左サイドに項目を設け、中央に本文、右サイドに広告やその他の情報を設けるデザインです。これらは定番であるため、特徴を作り出しにくく、よく見られる情報を伝えるだけのブログの様な存在とも思われるリスクがありますよ。トップページには、この様なデザインを設けずにオリジナルティを高め、サブページに対して3カラム、2カラムのデザインで行う方法もポイントの一つと言えるでしょう。

壮大な自然が作り出す色は、デザインに好印象を与える

背景色は一般的に白が多く、これは、背景を白にする事で視認性を高める効果があります。自然界の中には、純粋さを感じさせる雪原と言う物がありますよね。次に多いのが黒になり、人は暗闇では不安になり明るさを求める心理状態があります、コンテツの明るさがより明るく見え、心に安心感を与える可能性がありますよ。もちろん自然界の中にも壮大な黒は存在し、夜がその暗さを現している物です。他にも総大な内容には、海や山、森林などがあり、そのような色を背景色としてメインに扱うと、自然と同じ様な効果を期待する事が可能になります。

レスポンシブデザインとは、複数のデバイスで表示しても同一の表示になるように工夫されたデザイン手法です。