ネットワーク監視とはなにか

ネットワーク監視とはコンピューターのネットワークに関する通信障害や性能低下に外部からの侵入などを常時チェックするシステムです。24時間365日運用していかなければならないシステムですから、信頼性とセキュリティ性能が高いものが選ばれる傾向にあります。とりわけ個人情報を大量に扱っている企業などでは外部からの侵入を完全に防げる物を導入する必要があり、導入する場所によってそれぞれ違った性能の物があります。

ネットワーク監視で異常があった場合にはどうなるか

ネットワーク監視システムを導入し実際に運用していく中で何かトラブルが発生した場合にはまずそのシステムを管理している責任者に連絡が行くシステムになっています。そして責任者がネットワークの異常を調べ対処に当たることになります。システムの責任者は外注先の企業の技術者である場合が多くコンピュターの中でも特にネットワークに関して高度な知識を持った人物が責任者となります。監視は自動でもトラブル対処は人間によって行われます。

導入するにはどうすればよいのか

ネットワーク監視システムを企業内に導入する場合にはグループウェアや社内システムとうまく連携できるものを導入するのがよいでしょう。システムを導入するにあたってノード数枚に料金が違う場合もあればノード数が多くても少なくても料金が同じ場合もあります。ネットワーク監視は評価版を使い試すこともできますのでこれから新しい監視システムを導入する場合にはまずは評価版を使いシステムの状態をチェックしてから導入しましょう。

ネットワーク監視のソフトを使うことで障害などが発生した場合には問題も直ぐに判断が出来るので非常に便利です。