原因をうまく切り分けよう

パソコンの動作が不調になった場合にはパーツの不具合が殆どなので、その原因のパーツを交換することが一番の早道となります。この時重要なテクニックが原因の切り分けです。電源が入らないなら電源かマザーボード、映らないならビデオボードやモニタといったようにどの部分がおかしいのか確認しておくことで無用なチェックを避けることができます。埃を掃除して接触を再確認してもダメならば交換を検討することが効果的な方法になります。

妙に遅いときにはHDDの確認を

動くけど読み込みが妙に遅いといった場合には、HDDが物理的あるいは電子的に壊れている可能性があります。データが一杯すぎたり、読み書きを行いすぎると寿命が短くなるので注意しましょう。ずっと残るわけではないので、大事なデータは動作が遅いと確認した段階で新品に移し替えるなどのバックアップがおすすめです。その上で元のディスクはフォーマットして様子見、内部的に破損していたら交換すると安全にデータを保全できます。

常に予備の作成と再インストールを意識しよう

パソコンのデータは簡単に複製ができるものが殆どですから、重要なものやよく使うものは複数のバックアップを作っておけるようにして読み込み用と保存用など分けておくとより安全性が高まります。プログラム同士の干渉によって不具合が発生することも、不調の原因となりやすいので、ロールバックやフォーマットからのOS再インストールも行いやすいように必要なものをまとめてパックしたデータを作っておくと、復帰させやすいので快適にメンテナンスできます。

パソコンの修理は、専門の業者に依頼すべきです。電話による連絡を入れれば、料金システムについて説明してもらえます。