まずはデザインで選んでみる

トロフィーなんて、そうそう貰うものではありませんし、逆に誰かにあげるという機会も滅多にないものです。トロフィーそのものは、ギフト品を専門に扱っているお店などに注文すればよいのですが、実際に選ぶとなると、どれがいいのか迷ってしまう場合も多いでしょう。そこでまずは、それぞれの大会や競技会にふさわしいと思えるようなデザインのものを選んでみてはどうでしょうか。例えばゴルフの競技会であれば、ゴルフのイメージをデザインしたものなどもよいでしょう。また、お店によってはイメージに合わせてデザインを注文することも可能です。

大きさや値段から選んでみる

トロフィーにはさまざまな大きさがあり、小さなものだと20cm程のものからありますが、大きいものだと1m以上のものもあります。そして大きさは値段に比例するため、基本的に大きいものほど高額になります。なので、大会の規模によって大きさや値段を決めるというのも、トロフィーを選ぶ際の一つの基準になると言えます。例えば小さな大会で、大きくて高価なトロフィーを用意するのはアンバランスですし、逆に大きな大会なのに、小さくて貧相なトロフィーしかもらえないというのも不自然でしょう。

トロフィーには大会名や名前を刻印できる

トロフィーには、台座の部分などに大会名や日付、そして贈る相手の名前などを刻印することができます。大会の優勝者など、贈る相手の名前を刻印する場合は、大会当日ではなく後日に本人へ贈ることになりますが、大会当日に手渡す場合はあらかじめ刻印の注文をする必要があります。また、トロフィーを注文する際は、在庫があるかどうかや刻印をする手間といった、お店側の都合もあるので、早めに申し込んでおいたほうがよいと言えるでしょう。

トロフィーの上部には女神や鷲などの装飾が取り付けられ、とても豪華な見た目になっています。色は金色のことが多いです。